しばらく転がっていたものは隣の人の洗濯物のようでした

私の家は南北に長い土地で、建物の南側に庭があり、建物の北側に駐車場があります。北側は訳があって建物を建てた後から購入することとなり後付けで駐車場となりました。その駐車場に私は滅多に行かないのですが、この間休みの日に息子と主人がサッカーをしていた時「裏に下着が落ちてる」と言ってみんなが通る道路にその下着を移動させたと言うのです。
男性のパンツと女性のキャミソールが道に転がっていて誰のだろう?と少し不気味に思っていました。その日は何度か確認しましたがまだ下着は道路に転がっていて、もし次のゴミの日までにまだあればゴミに出そうと決めていました。ですが、その翌日主人が外に出て家に戻ってきた時に隣のご主人がその下着を見て「自分の家のだ」と言って恥ずかしそうに持ち帰ったそうです。風の強い日が続いていたので下着が飛んでいってしまったのでしょう。隣の夫婦は共働きでご主人がよく洗濯物を干している姿を見ていたので今回も洗濯物の管理はご主人の役割だったのかもしれません。でも、きちんと持ち主が見つかってほっとしました。

しばらく転がっていたものは隣の人の洗濯物のようでした