クローン文化財って知っていますか?最新の文化財保存技術に感激!

世界中には数多くの文化財が存在しています。しかし、高松塚古墳や法隆寺、そしてバーミヤン遺跡に代表されるように、文化財はどうしても劣化・消失・破壊を免れることはできません。そんな中、東京藝術大学の「Arts & Sciense Lab」で実用化に向けての研究が進んでいる、クローン文化財の複製技術と制作工程が世界中の注目を集めています。このクローン文化財は文化財の調査と同時に撮影を行い、その画像を処理してクローンの下地を制作して印刷した後、手で彩色をするという工程となっています。「模写」の伝統的なアナログ技術と、高精細撮影やマイクロスコープ撮影、蛍光X線分析や3D計測といった最先端のデジタル技術の融合によって、単なるコピーではなく、オリジナルの質感を生かしたクローン文化財を作り出すのです。このクローン文化財によって、教育研究・観光資源・文化外交といった、文化を起点にした交流の活発化や失われつつある文化財の保護が期待されています。クローン文化財の登場によって、文化財の保存・公開・楽しみ方が大きく変わっていくに違いありません。

クローン文化財って知っていますか?最新の文化財保存技術に感激!