好きこそものの上手なれというが職業にしてはいけない?

好きこそものの上手なれというのは、人間は好きなものに対しては苦労もなく熱意をもって精進するので上達が早いということだ。だけど、その先にあるだからこそ、すきなもので生計を立てなさいという事ではないんだと思う。
むしろ、好きであるからこそその道で生計を立てるというのは逆に辛いのではないのかと考えるようになった。
どういうことかというと、好きだと物事にこだわってしまいささいなことでも丁寧にやったり枝葉末節まで目が行ってしまうわけだ。また、時間効率や手間などを惜しみなく突っ込んでしまうわけで、いい意味での手抜きをしなくなる。
さらに、自分の思った出来ではないと精神的ストレスを感じてしまうことにもなりかねない。
むしろ仕事でいえば、お金のためと割り切って別段好きでもない事をやるほうがよっぽど、楽でストレスのない可能性が高い。
さらに、効率を考えてできるだけ少ない手間で仕事をこなすことができるのではないか?と思えるのだ。キレイモ 学割 分割

好きこそものの上手なれというが職業にしてはいけない?