証券トレードに関する方式と債券の方式について

証券操縦について授業しました。証券操縦では、国債や株式の投資に関する計算を立ち向かう必要があります。お金を一定期間借りる結果、各国は国債をコーポレイトシステムは社債を発行しています。これらを総称して債券といいます。債券は、元本が宣誓され利子も割に良い結果、ほかのストックとともに利殖の対象になっています。債券は、利回りの支払い切り口や債券の供与ヤツによって分類されます。利付債券は、一定期間ごとに満期まで利回りがいただける債券だ。利回りは、ふつう年2回支払われ、ひきかえのための利札(バウチャー)が債券についています。安売り債券は、利回り甚大額面が額面金額から割り引かれて発行される債券だ。満期には額面金額で払い戻しされます。国債は、各国が発行する債券だ。長期・中期の利付国債、中期・短期の安売り国債などがあります。ファイナンス債は、長期依存銀行系の金融機関などが発行する債券だ。利付ファイナンス債と安売りファイナンス債があります。社債は、一般のコーポレイトシステムが発行する債券だ。平凡社債の他、新株の供与を受けられたり株式に交換できる新株アレンジ特典付社債があります。証券操縦は知らなかったので勉強になりました。

証券トレードに関する方式と債券の方式について